いまさら聞けない、そもそも「お薬手帳とは?」

クリニックや調剤薬局の窓口で、持っているかどうかを尋ねられるお薬手帳。いつ、どこで、どんな薬を処方してもらい、過去にどんな薬を飲んで、 現在はどんな薬を飲んでいるのかが一目でわかる便利な手帳です。でも、何故そういった情報がドクターや薬剤師さんに必要なのでしょうか。 お薬手帳とは何なのか、みてみましょう。

お薬情報を貼るだけでなく自分の情報も!

クリニックで処方されたお薬を、調剤薬局などで出してもらうときに、お薬の名前、服用する量、一日に何回飲むのかなど、 さまざまな情報が書かれた紙を貼り付けておくのがお薬手帳です。患者である私たちには、服用上の注意なども記載されているので、 お薬の飲み方を確認するために役に立ちます。そして一年を通してどんな季節に症状が出て、どういう薬を、どれくらいの量飲んでいたのかといったことも確認することもできます。 どこの病院の先生にかかったのかも記されているので、お薬情報とともに自分の病気やケガなどを記録していることになります。 その日にお薬を処方するドクターや薬剤師さんは、前に処方されたものや、患者さんのお薬に対する副作用やアレルギーなどを確認してから処方します。 お薬手帳には副作用歴やアレルギー歴、現在や過去の大きな病気を書いておくページがありますので、お薬情報だけでなく自分の情報も記入しておくと便利です。

服用したお薬情報を伝えてくれる手帳!

クリニックで処方してもらう薬の名前はほとんどがカタカナ名で聞きなじみのない名称のものなので、自分が今何を飲んでいるのかを覚えるのは簡単ではありません。 クリニックで、今どんな薬を飲んでいますか?という質問に即座に答えることができない場合も多いのではないでしょうか。そんなときに、お薬手帳があれば便利です。 一目で今飲んでいるお薬と服用量、服用期間がわかるのです。かかりつけ医療機関以外で受診するときにもお薬手帳を見てもらうだけで、お薬の飲み合わせや、 重複するものがないかを確認してもらうことができます。お薬の飲み合わせはとても重要です。お薬の飲み合わせに問題はないのか、同じような成分のお薬を飲んでいないか、 などを確認してもらうことで、適切な処方を受けることができます。患者は自分の口で、症状については伝えることができますが、服用したお薬についてはお薬手帳が代わって伝えてくれるのです。

症状と服用した薬の記録

お薬手帳は、医療機関や薬局に行くときだけでなく、普段から持ち歩くようにするといいでしょう。出先で急病になったときや、地震などの災害時にも役立ちます。 これまでどんなお薬を服用しているのかを医療機関に伝えることができれば、適切な処方をしてもらうことができるからです。とくに高齢の方は、お薬の管理にも役立つでしょう。 お薬情報とともに、そのお薬が処方されたときの症状やお薬を飲んだあとにどうなったのか等の情報もメモしておくと役立ちます。かかりつけ医療機関以外のクリニックでドクターから 過去の病気について聞かれた時には、お薬手帳を見ながら伝えることができて便利です。特にお薬を服用して副作用が出た経験がある場合は、その詳細を記載しておくこともとても大切です。 大きな副作用だけでなく、眠気を感じたなど、ちょっとしたこともメモしておくといいでしょう。安心して処方されたお薬を飲むためにもお薬手帳は役立ちます。

お薬手帳を持っていると
メリットがたくさんあります。

でも、そのメリットを知らない人も多いはず。そんなアナタの為に賢いお薬手帳の使い方をまとめました。

EPARKお薬手帳ダウンロード

EPARKお薬手帳は、皆さまのご意見を第一に考えて開発を進めるアプリです。
ぜひご利用いただき、多くのご意見、ご要望をお待ちしております。